TOP小・中・高校留学>オーストラリアの教育制度

オーストラリアの教育制度

NSW州立校の留学生受け入れ

オーストラリアの教育制度は、12年制の学年制度です。留学の対象となるのが第7学年(YEAR7=中1に相当)以上です。第7〜第10学年は前期中等教育ジュニア・セカンダリー(JUNIOR SECONDARY)と呼ばれ、修了するとNSW州立学校サティフィケートが発行されます。また第11、12学年は後期中等教育シニア・セカンダリー(SENIOR SECONDARY)となり、大学進学のための州統一テスト(HSC)受験のための準備期間となっています。オーストラリアでは、ジュニア・セカンダリーまでが義務教育期間です。
オーストラリアでは、セカンダリー・スクールの4分の3が公立校で、残りの4分の1が私立校となっています。オーストラリア留学ネットワークは州立高校正規代理店となっておりますので公立学校、私立学校どちらの学校の手配も可能です。私立校は比較的留学生に対してのケアもよく行き届いており、留学生は私立校に行く傾向が年々増えてます。ほとんどの私立校は英国国教会やカトリックなどの宗教系となってますが、留学生に対してその宗教の教徒になるように強制されるようなことはありません。

現地高校への入学条件 公立高校の場合

英語力は下記の3つのうちいずれかをの条件を、学業成績は以下の条件をそれぞれ満たす必要があります。

英語力

  • 2年以上英語で中等教育を受けた経験
  • 十分な英語力
    第7学年〜第10学年 IELTS5.0ポイント以上、
    第11,12学年 IELTS5.0ポイント以上
  • 高校進学準備コース(公立英語学校)を規定のレベルで修了

これまでの学業成績

  • 第7学年〜第10学年:主な科目中3科目を修了
  • 第11,12学年:NSW州立学校サーティフィケート(第10学年修了)または同等の卒業資格を海外で取得

これらのことを中心としたカリキュラムで授業を進めている学校をご紹介しております。

現地高校への入学条件 私立高校の場合

英語力とこれまでの学業成績をまずは提出して頂き、個別に査定を受けます。必要に応じて高校の入学テストを受験して頂き、すぐに入れるか英語の勉強をさらに必要とされるか判断されます。オーストラリア留学ネットワークではこの入学の査定を行うとともに、必要に応じてご希望私立高校の入学テストをアレンジいたしますので、ご相談ください。

必要書類

  • 入学願書 (弊社ででご用意いたします)
  • 成績証明書 (過去2年間の証明が必要です)
  • 英語力の証明
  • 推薦状(必要な場合)
  • 中学卒業証明書(必要な場合)
  • パスポートのコピー
  • 親の同意書
  • (その他必要に応じてご案内してまいります。)

高校進学準備

海外留学生がオーストラリアの現地の中学・高校へスムーズに進学できるように各語学学校では中学・高校入学準備コースを設けております。私立の語学学校、公立TAFE付属の英語学校また一部の大学付属語学学校でも受講が可能です。 一般の英語コースとは違い高校進学準備コースはほとんどの学校が4週間ごとに各カリキュラムごとに成績を出し保護者に通知をします。担任が心配に思う点や出席率、成績について常に保護者とコンタクトをとり現地校入学までの進路相談も徹底しています。このコースの目的は英語習得とオーストラリアの中学や高校の授業のやり方に慣れることです。英語の授業と数学や科学等の科目も合わせて教えています。現在ほとんどの現地校に通う生徒がこのコースを修了して進学してます
オーストラリア留学ネットワークでは親御さんのご希望の高校進学準備コースをご予算に合わせてご提供させて頂いております。

ページのトップへ無料お問い合わせお申し込み

サブメニュー