オーストラリアで看護留学

永住権も同時に取得可能な看護留学

オーストラリアでは看護師が不足しており、現在外国人看護師の受入れを積極的に行っています。日本の正看護師免許を持っている方がオーストラリアの正看護師(R/N)資格を取得する場合、看護学士号コースの3年に編入できるシステムがあります。これを利用すると1年間この学士号コースに通い規定の単位を取ることで、学士号取得と同時に正看護師資格取得となります。

主要都市にキャンパスを持つオーストラリアンカトリック大学(ACU)、実習にも大変力を入れており、またスムーズに学士号に移行するための予備コースが設けられていますので、個人の英語力に合わせたスタートが可能です。この大学で資格を取得した外国人看護師は、病院等でも高い評価を受けております。全ての分野の初級レベル、例えば高齢者ケア、地域社会、発育障害、母親及び乳幼児ケア、内科 / 外科、精神衛生、小児看護等に従事することができるので就職に有利です。実際オーストラリア留学ネットワークの生徒さんは全員卒業後こちらで就職が決まってます。看護学学士号を無事に修了した場合、通ったキャンパスのある州の看護師認定機関に対して正看護師としての登録を申請することができます。

日本で看護師としての資格も職歴もあるけれど、英語力がないので私には無理?と思っている方、海外で看護師になってみたいという方、この大学に入れるかどうか英語力を無料で査定し、生徒さん一人一人に合ったプログラムを作成いたします。

またオーストラリアは若く、優秀なナース達を移住者として世界各国から受け入れており2年で大学を卒業すれば独立移住の永住権を手にする事が可能です。オーストラリア留学ネットワークでは正看護師資格と永住権の2つを同時に狙いたい場合の取得方法をご案内しております。

オーストラリアで正看護師の資格を取得する方法

看護師

日本ですでに看護師資格を持っている方

1) 日本の大学を卒業されている方

日本で大学を卒業し、正看護師資格をもって、職務経験がある場合には、オーストラリアで大学に進学しなくてもオーストラ リアで看護師として登録するためにはIELS7.0をとるか、もしくはOETという試験に合格する必要があります。
2010年7月1日の協会改定で「大卒もしくはそれに相当する資格」が必要となりました。

OETというのは医療従事者の英語試験となり、IELTSと同様高い英語レベルが要求されます。

2) 日本で短大・看護学校(3年)を卒業の方

残念ながら、現在のところ短大や看護学校が大卒もしくはそれに相当する資格として判断されておりません。
そのため、看護学校卒業の方はオーストラリアで大学を卒業するのが一番の早道になります。
看護学校卒業が遡って7年前までの方は看護学校での成績により、学科免除が受けられますが、それ以前に卒業されている方は学科免除がありませんので、大学1年から3年間大学の看護学部にて再度勉強する必要があります。

卒業後、看護協会への登録を行いますが、その際にIELTS7.0(アカデミックモジュール)が必要となります。

日本で看護師資格を持っていない方

オーストラリアの大学で3年間看護学部を終了し、ナーシングボード(看護協会)への登録が必要です。

看護協会への登録はIELTS7.0(アカデミックモジュール)が必要になります。

Bachelor of Nursing course

期間

未経験者 – 3年間 / 正看護師 – 1年 〜 1.5年間

キャンパス

  • ビクトリア州、バララットキャンパス(アクィナス)
  • クイーンズランド州、ブリスベンキャンパス(バンヨー、マコーリイー)
  • ビクトリア州、メルボルンキャンパス(セントパトッリクス)
  • ニューサウスウェールズ州、ノースシドニーキャンパス(マキロップ)

英語入学基準

2学部課程、看護学科− IELTS 総合成績 6.5 以上 (個々のセクションにおいて 6.0 以上) または TOEFL575 以上 (ライティングセクション 5.0 以上)、コンピューター版 TOEFL230 以上 (エッセイ 5.0 以上)

英語力が満たない場合

看護学学士号にスムーズに入学できるための予備コースDiploma/Advanced Diploma in Nursingを受講をお勧めします。
修了した方は英語力の証明なしで学士号に入学可能です。
Diploma/Advanced Diploma in Nursingへの入学基準はIELTS 総合成績 5.5 以上 または TOEFL525以上

ユニフォーム

実際の現場実習を行う際は大学承認の看護服を着用します。ユニフォームについての詳細、購入場所などは入学後に指示があります。

科目

メインとなる科目の分野は次の 3 つです。

看護
この科目は中核をなしており、学生に人間の能力に影響する要因、たとえば寿命を延ばす、健康を獲得・維持する、健康状態の変化を調査する等、多岐に及ぶ分野について研究する機会を提供してます。

現場実習
様々な地域・健康機関において行われる現場実習は同科目を補完するものであります。この実習において、学生たちは彼らが学んだ新しい知識を実際の現場にて応用、実証することが出来ます。

科学
この科目は、解剖学、生理学、科学、物理、微生物学、病態生理学そして薬理学の分野から構成されてます。これらの各分野は、この複雑な“看護”を理解することに大きく貢献しています。


医療英語 & 有給看護・介護インターンシッププログラム

オーストラリアで医療業界の専門知識・用語を学び、現地ナーシングホーム・病院で働こう!

【プログラム内容】

オーストラリアで医療英語やスキル、知識を英語で学び、トレーニング終了後、実際に現地のナーシングホームや病院で、オーストラリア人と一緒にお仕事をします。

知識を得るだけでなく、実際の現地病院で学校で学んだことを実践でき、経験する事ができることから、医療の現場で活躍したい方に大人気のプログラムです。

また、経験がなくても、語学学校で伸ばした英語力と看護アシスタントトレーニングコース、実習があるので、安心して有給看護・介護インターンシッププログラムに参加することができます。

 

【こんな方にオススメ】

医療英語・経験を身に付け、日本に帰国後のキャリアップや就職に活かしたい方

現地オーストラリアで医療関係のお仕事に就きたい方

OETコースや看護大学を目指す方

 

【有給看護・介護インターンシップ開始までの流れ】

一般英語受講(医療英語コース入学英語最低レベルに達していない場合)

医療英語受講(4〜12週間)

※Intermediate(中級)以上の英語力が必要となります。

看護アシスタントトレーニング

このコースでは主に理論を勉強します。(1日1週間×3回)

授業は全て英語で行われ、現地の学生と一緒に授業を受けるため、このコースへの参加はUpper Intermediate(中上級)以上の英語力が必要となります。

Certificate in Aged Care

Certificateは実際のナーシングホームで実習2週間が行われ、期間中の課題提出が必要となります。

 

 

【プログラム費用】

手配料

$200

入学金

$200

医療英語

週$380

看護アシスタントトレーニング

$990

Certificate in Aged Care

$480

Senior First Aid

$110〜$165

※受講先により異なります

無犯罪証明書

$52

その他一般英語コース受講が必要な方は別途週$330かかります。

ページのトップへ無料お問い合わせお申し込み

サブメニュー