TOPキャリアアップ>通訳・翻訳

オーストラリアで翻訳、通訳を学ぶ

NAATI

オーストラリアでは、NAATI(National Accreditation Authority for Translators & Interpretersオーストラリア通訳・翻訳資格認定機関)が通訳・翻訳の国家資格の認定を行っており、この資格はオーストラリア唯一の通訳・翻訳の国家資格です。
現在オーストラリアで政府関連の通訳・翻訳者として働く際にはこ資格の取得が必須です。また民間企業でも高く評価されています。
NAATI認定コースを修了し、資格を取得することで、優れた知識・技能が身につき、日本をはじめ、海外の通訳・翻訳技能試験に合格する上で役立ちます。また、通訳・翻訳技能の証明として、日本や海外で仕事を獲得する際にもアピールポイントとなり、世界で活躍する通訳・翻訳のスペシャリストになるための大きな一歩となります。

NATTI公式サイト

NAATIの取得法

NAATIの資格を取得するには、以下の3つの方法があります。

  • NAATI認定の専門学校・大学の通訳・翻訳を受講し、卒業試験に合格する。(通常、70%以上の成績を修めることが必要)
  • NAATIの公認検定試験に合格する。
  • NAATIが認可する海外の翻訳・通訳教育機関で取得した翻訳の資格をNAATIの基準に基づいて認定する。
準プロレベル/Paraprofessional 専門的な会話を含まない、日常会話レベルの通訳
プロレベル/Interprete 法廷通訳や医師と患者間の通訳など様々な専門性の高いトピックへの対応や、プレゼンテーションの逐次通訳が可能。
会議通訳/Conference Interpreter 上級レベルのプロの通訳として、国際水準に基づき、複雑かつ技術的な翻訳・通訳が可能。また、国際会議や貿易交渉などの高度な交渉、公判など様々な状況において、逐次・同時通訳ができます。
会議通訳(シニア)/
Conference Interpreter
NAATIの最上級通訳資格。会議通訳をはじめ、国際会議のマネジメントを含む通訳が可能。豊富な通訳・指導経験を持ち、国際水準を満たす、優れた通訳者として認定されます。


翻訳

「I like your earrings」といわれたらあなたならどのように訳しますか?まず意味は「私はあなたのピアスが好きです」ですね。中学で習ったテストなら文句なしに100点をもらえるでしょう。ただし、この訳が使えるのは高校まで。翻訳の世界では100点の半分ももらえません。私達日本人は耳たぶのピアスをみて「あなたのピアスが好きよ」なんて言わないでしょう。「あなたのピアスが素敵ね」など自然な会話らしくちょっと工夫する必要があるのです。
日本語はいろいろな状況でいろいろな形に変化します。
状況を判断し、英語のニュアンスをとりながら自然に日本語に変えていくのが「翻訳」なのです。


実は英語力アップになる?

「翻訳」の勉強は翻訳家への道を開くためだけではなく、英語の読解力が自然と身につきます。IELTSやTOEICといった英文読解を必要とする試験にも効果的で、翻訳を終了後、高得点を取れたという声も多数聞いています。

翻訳の仕事はどこで活躍できるの?

翻訳の市場は意外にもたくさんあり、大きくわけると3つあり、

  • 産業翻訳→需要大。例えばマニュアル、特許文書、レポート、医療、広告、契約書など。
  • 出版翻訳→自分の名前で訳書をだせる大人気分野。例えば絵本、文学など。
  • 映像翻訳→多チャンネル化にともない、仕事の量急増中。例えばビデオ、DVD、吹き替え翻訳、洋楽の訳、CD-ROMなど。

翻訳を学んだら就職率UP

企業のグローバル化やインターネット、DVDの普及により国際ビジネスの分野の急激な発展により、現在では翻訳家の数が不足している状況です。またデジタル放送が本格化することで翻訳家の需要数は何倍にもなるといわれてます。 


翻訳

私立の学校で学ぶ翻訳

料金 1,翻訳基礎マスター(通信)$330〜
2,NATTI対策(通信) $550
3,翻訳基礎マスター&NATTI対策(通信)$1320
受講できるビザタイプ ワーキングホリデー、観光ビザの方。 
学生ビザで受講されたい方は他の学校とのパッケージで申し込み可能。
体験談 「終了後、貿易関係の翻訳をひきうけることになりました」

「子育ての合間に何かできることは・・・」と考え、好きな時間に学習できるのこのコースに決めました。今思えば、本当に受講しておいてよかったと思います終了後、偶然夫の仕事関係で貿易系の翻訳を引き受けることになったからです。貿易に関しての知識は全くなかったのですが、夫のサポートと経験を生かし、なんとか訳し終えることができました。終わった時はもちろんですが、何よりもうれしかったのは貿易に関して夫と議論できるようになったことですね(笑)。その後も仕事を頂き、現在も格闘してます。Y.Mさん

通訳について

インターネットの普及により日本でも国内だけでなく世界を相手にビジネスを行っている会社は数多くありますが通訳をできるまでのレベルを持っている会社員は意外と少ないものです。
実際に会社でスタッフが海外に出張等に行かなければならなくなった場合通訳できる人材がいないと、通訳会社を通じて通訳ををアレンジすることになるでしょう。この場合は、1時間当りいくら、という計算になることが多いようです。企業ではこうした通訳ができる人材が意外と少ないもので通訳できるほどの実力があると重宝されます。
国際社会において通訳者の必要性はあらゆる場面で高く、英語力はもちろんのこと、日本語能力やそれぞれの言語の背景にある文化や風習にも精通していることが要求されます。日本と経済的・文化的にもつながりの深いオーストラリアでは、優れた技能と専門性を備えたスペシャリストを育成するためのコースが開講されてます。

TAFEで学ぶ通訳
  Diploma in Interpreting
キャンパスロケーション TAFE メドウバンクキャンパス
入学日 2月と7月
期間 18週
授業料 $4950 (要お問い合わせ)
入学条件 IELTS6.5もしくはAdvanced Gneral English Preparation を修了した人

Advanced General English Preparation
Advanced General English Preparation
キャンパスロケーション TAFEノースシドニーキャンパス
期間 10週間
授業料 $2800(パッケージ料金)
(要お問い合わせ)
入学条件 IELTS6もしくはそれ相当の英語力


大学で翻訳・通訳を学ぶ

大学では、準プロレベルの通訳・翻訳者からプロレベルの通訳・翻訳者の資格の取得を目指し、言語学的なアプローチをふまえながら、通訳・翻訳の理論・技術のほか、専門分野の通訳・翻訳を学びます。また大学院では、プロレベルの通訳・翻訳者から会議通訳、上級翻訳者レベルの通訳・翻訳を提供しています。高度な通訳・翻訳業務に要求されるビジネススキルも学びます。
シドニーは通訳や翻訳の勉強に最適の環境にあります。大半の人が英語を第1言語とする一方で、この地域に住む人の25%以上が家では英語以外の言葉を話してます。オーストラリア人学生と留学生がともに学んでいる大学キャンパスで現役で活躍する通訳・翻訳者と国際的に知られる研究者が指導にあたるクラスで学んでみませんか?指導内容と教授法には、現場の知恵と革新的な研究の成果が生かされてます。大学/大学院では語彙力を高める為に、政治・経済・医療・福祉・芸能などで使われる用語の学習も行います。授業にはシチュエーションにあわせた通訳者としての対処の仕方やダイアログ形式の通訳プラクティス等も含まれ実践的なクラスとして人気があります。
NAATIプロフェッショナルの資格を保持していると、独立移住申請をする場合にボーナス得点が得られます。(移住についての詳しいお問い合わせは、有資格の移民コンサルタントにお尋ねください)

通訳・翻訳を学べる大学

NSW州 Macquarie大学のPost Graduate DiplomaとMaster
西シドニー大学のBachelor と Graduate Diploma
QLD州 クイーンズランド大学 Master
Southbank Institute of TAFEの Advance Diploma
SA州 Adelaide Institute of TAFE のAdvance Diploma
VIC州 RMIT大学のAdvance Diploma
WA州 Central TAFE PerthのAdvance Diploma


ページのトップへ無料お問い合わせお申し込み

サブメニュー