TOP親子留学>親子留学について

オーストラリア親子留学

オーストラリアの親子留学って?

オーストラリアは年間を通して気候に恵まれており、比較的治安もよく、子供をのびのび学ばせられる環境がそろっています。英語教育の低年齢化が進み、「子供に早い時期から国際的な感覚を身につけたい」「親子で海外で生活してみたい」という方が増えてきており、親子留学プランはオーストラリア留学でも人気急上昇です。子どもだけで行かせるのは心配ですが、親も一緒だったら安心ですよね。留学予算や子供や自分の英語力への不安、また現地での生活に対する不安、家族や親戚などの周囲の協力も必要となる親子留学。

現実に向けてのそのハードルは高そうに思われがちですが、オーストラリア留学ネットワークでは様々なニーズに合わせて気軽にできる短期間のプログラムから長期の本格親子留学までオーダーメイドのプランを作成しております。オーストラリア留学ネットワークは出発前から滞在中まで日本人スタッフによるトータルフルサポートですので心強いプログラムです。 日本では決して味わえない体験や、外国での生活を通じて深めた家族の絆など親としての自分自身の変化や子供の成長を心から実感できる親子留学。そんな貴重な体験を多くのみなさんにしてもらいたいと考えております。

英語の早期教育は有効なの?

3才までに脳の80%が完成!人間の脳は、発達が著しい0〜3才までの間に約80%が完成します。10才頃には大人とほとんど変わらない重さになってます。脳の吸収力が高い乳幼児期は言語能力の可能性も無限で日本語の環境であれば日本語を、英語と日本語がある環境なら両方を吸収します。乳幼児期にできるだけたくさん、状況やイメージと結びつけて英語をインプットしておくことで英語を母国語に置き換えることなく、認識できるようになるのです。

幼児/小学校期がチャンス!英語がコミュニケーション手段であることを知り、言語切り替えスイッチ」を始動させる!!幼児期に英語の音やリズムに触れることは、英語を正しく聞きわける耳と発音する力、英語のリズム感を育てるのに大変重要なことです。この能力のピークは2〜10歳とされており、できるだけ早く始める必要があります。幼児・小学校低学年にスタートした場合この能力の伸び率が高いことも研究でわかってますので始めるなら早いうちが有効なのです。また一度ついたこの能力を更に伸ばすためには引き続き英語環境を提供していくことが大切です。

更にママ・パパにも、刺激!

子供が生まれてから、自分のための時間が持てなかった、、、そう思っているママ・パパは多いのではありませんか?

子供に英語生活を体験させながら、親も完全リフレッシュができる親子留学!

ゆっくりと子供の成長を眺め、またこれからの自分のライフスタイルを考えるいい機会になると思います。

オーストラリア留学ネットワークの安心ポイント

  • 日本人スタッフによる到着オリエンテーション
  • 24時間日本語緊急連絡対応
  • 英語が全くしゃべれないという人でも安心のカリキュラム
  • 世界各国の学生達と一緒のクラス
  • 休日は小旅行でシドニー観光スポットへ
  • オフィスがCityの中心地にあるためいつでも日本語で相談可

サブメニュー