学校の国籍比率って大切??

学校の国籍比率って大切??

多くの学校が月々の学校の国籍比率を発表していますが、それは学校選びの基準のひとつとして挙げられます。国籍比率で学校の良しあしはわかりませんが、学生の国籍によってクラスの色ができてくるのは確かですね。比較的、南米、ヨーロッパ系の方がおおいところは英語のレベルが高い方たちがおおいですが、真剣に英語を学びたい姿勢はアジア人が高いです。また国籍比率で一番気にするべきは日本人率です。日本人が多いとつい日本語ではなしてしまったりするので英語上達に妨げになったりすることもあります。しかし、日本人のクラスメートがいるとわからないことを授業の後にお互い確認ができたりもするのでいいところもあります。 シドニー、メルボルン、ゴールドコースとなどオーストラリア都市部の学校は大体どこでも日本人の生徒は10%ぐらいはいます。日本人が20%を超えてしまうところは日本人が多いところといえるでしょう。

お問い合わせはこちらまで


ページのトップへ無料お問い合わせお申し込み

サブメニュー