リアルTAFE を語ってもらいました。

今月はコース紹介ではなく、実際にTAFE のIT コースで勉強し、現在は日
本で社会人として活躍している藤井くんにリアルTAFE を語ってもらいました。TAFE には興味があるけれど、ハードルが高そうだな、とか、卒業してか
らどうなるのかな? など一歩踏み出せずに悩んでいる…そんな人たちに彼
からのメッセージです。

まずそもそもオーストラリアに留学しようと思ったキッカケは?

「 子供のころから留学してみたかったものの、日本で生活しているとなかなか踏ん
切りがつかなくて。大学院に進学する予定だったのですが、受験に失敗したことが
逆にチャンスだ?(笑)と思って留学することにしました」

語学留学だけではなく、英語学校→専門コース進学を初めから決めてい
たのはなぜ?

「語学コースはネイティブの英語に触れる機会が少ないことが分かっていたの
で、スキルももちろんですがオージーと勉強する環境がある
TAFE で英語力を身につけようと進学を決めました」

進学の中でもTAFE を選んだのは?

「大学は既に日本で卒業していましたから、専門学校でより専
門的なことを学びたいと思ったからです。学ぶ環境も良く、比
較的学費を抑えられるという点でTAFE を選びました」

TAFE に入学して率直にどういう感想でしたか? 

「バックグランドが全く違うクラスメートたちと授業を受ける
ので、毎日とても刺激になり、もちろんオーストラリア人もいて、
オージーって本当に自由な人たちなんだなと驚きました。一
度働いてから、勉強するためにもう一度専門学校に入り直し
ている人も少なくなく、そういうことも全部含めて日本では経験できないことが多
かったです」

TAFE の先生はどうでしたか?

「授業以外にも、各生徒へのメールでのフォローもしっかりしてくれます。英語の
面で気遣ってくれる先生や、現役でその業界の第一線で活躍している人も多いの
で、仕事の話も聞けて勉強が仕事に直結していることを肌で感じることも多かった
です」

藤井くんは留学前からコンピュータの知識があったけど、未経験の人が学
んでも大丈夫だと思いますか?

「ほとんどの人がサティフィケートレベルからスタートすると思いますが、基本的な
ことから学びますので、まず事前に授業の予習をしておいて、英語で受ける授業に
慣れることに専念する。それができるようになってから専門分野に力を入れるよ
うにすれば効率よく学べると思います。変に日本語で専門知識があるより英語で
そのまま覚えた方がいいと思います」

進学コースで英語力はどのくらい必要だと思いますか?

「最低限、自分の考えを伝えられるようになっていないと辛いと思いますよ。授業
の分からないところは周りのクラスメートも教えてくれるし、オージーは留学生に
興味も持ってくれているので、簡単な単語でもいいからどんどん話していくことが
大切。TAFE に入学できる英語力があれば大丈夫!」

TAFE を修了した今と入学当時ではTAFE のイメージは変わりましたか?

「入学した時も修了した今もTAFE に対する評価は変わっていません。コース中に
感じたのは、グループワークや発表、アサイメントもあるので語学コースでは学べ
ない英語を実践で学んでいくため、結果的に英語の勉強にとても役立ったことです。
専門知識を学んだことはもちろん、年齢、人種、考え方など全く違う人たちが集まっ
ているので、世の中、いろいろな生き方があるんだなあと強く感じて、これもTAFE
に進学した大きな収穫だったと思います」

今は日本で生活していますが、TAFE で学んだことは役に立っていますか?

「専門知識はもちろん、TAFE で学んだことは自信につながっています。また話の
ネタにもなるのですごく役立っています。日本ではオーストラリアの学校名はまだ
認知度が低いかもしれませんが、この経験は就職活動でも
充分話していけます。出会う人たちに自分が出会ってきたた
くさんの国の留学生の話をしたり、英語に関する質問に答え
たりしています。何よりも英語の環境でいろいろなことを経
験してきたから、どんなことが起きても日本では日本語が通
じるという心の強さでしょうか^^ オーストラリアの国民性
のように、何があっても自由に楽しくやっていけばなんとかな
るさ! と楽観的に考えられるようになりました」

これから進学を迷っている人にTAFE はオススメで
すか?

「学びたいことがあって、なおかつ英語の勉強をしたい人にと
てもオススメです。大学に比べて入学難易度も高くないし、短期間でスキルも習得
できます。オーストラリアで仕事をしたいと思っている人は、TAFE を卒業してい
れば、業種によっては就職も夢ではないので頑張ってほしいですね」

藤井くんの今後の目標は?

「また留学を考え中です。次の目標は大学院です。 まずは語学学校に行って友達
を増やしてから大学院進学を目指そうと思います」

語学コースから着実にスタートして一歩一歩階段を上っている藤井くん。オー
ストラリア滞在中から藤井くんの“Well Prepare” にはいつも感心させられ
ていたけれど、大学院進学の次なる夢を語ってくれた彼は、また新しいステー
ジに向かって歩き出しています

ページのトップへ無料お問い合わせお申し込み

サブメニュー